• ANA visaゴールド   
  • visaゴールド ラウンジ   
  • visaゴールドカード   
  • visaプラチナカード メリット   
  • シティセレクトvisaプラチナカード   
  • シティバンク visaプラチナカード   
  • 三井住友visaゴールド   
  • 三井住友visaゴールドカード   
  • 三井住友visaプラチナカード   


VISAプラチナカードについて

VISAプラチナ&ゴールドカードのお徳情報。 VISAプラチナカードを三井住友、シティで取得方法や特典や年会費、ゴールドからの切り替えなども説明。らくらくゲットできる。まずはゴールドカードで実績を作りプラチナへ。

<ブラックカード取得をお考えの方へ>
アメックスブラックカード完全取得2008年版(ブラックカード取得法のみ)

VISAのプラチナカードを取得するなら

VISAのプラチナカードはステイタスが高い。

ゲットしたい人がおおいが、VISAのゴールドカードを取得するのがはじめの一歩。

だから順番をいうとVISAの一般カードを使い続け、ゴールドを取りプラチナカードへ。

最短はいきなりゴールからスタートして実績を作り、プラチナ取得が必須。


じつはVISAのプラチナダイナースやアメックスに比べ、

案外手が届きそうと言われている。

VISAのプラチナカードの年会費はダイナースのほぼ50%OFF。

しかしサービスは遜色なく評判も上々。

高級ステイタス感のアメックスに比べて対応がいいのかも?

レアな航空系のプラチナカード「NWA/WPシティVISAカード」。

知ってますか?ベースはシティVISAとにてるが、

有効期限なしのマイレージが魅力なんですよ。

レクサス購入者のみに発行する「レクサスVISAプラチナカード」。

これは年会費が激安ながら、レクサスとプラチナカードという2つの高級ステイタス。

プレゼントやギフトカードも充実し、付帯サービスはVISAのプラチナカードの方が

もしかしおたらアメックスのも勝るかもしれないほど。

でも、T&E(トラベルアンドエンターテインメント)カードでは

アメックスの充実ぶりはすごい。アマンリゾートに行くとそれがわかる。

年会費に見合ったサービスなのだから納得か?

一般的にダイナースやアメックスに比較し、ステイタスは若干劣るかもだが、

コストパフォーマンスがすばらしいのがVISAのプラチナカード。

他会社からのインビテーションをただ待つなら、VISAにチャレンジし、

プラチナを取得しよう。

VISA、Master、JCBなど、多くのクレジットカードを集約することは重要。

第一にカード会社の信用ができる。

多くのクレジットカードを作っていると管理能力を疑われるケースもあるという。

プラチナそころかゴールドカード取れなくなるかも。

VISAのプラチナカード取得は、35歳以上で、

VISAのゴールドカードを所持から1年で申し込みができるのだ。

プラチナカードはインビテーションが必要なので、

いちおうVISAに伝える必要があり、インビテーションを待つ。

三井住友VISAが発行する「三井住友VISAプラチナカード」を私は持っているが、

24時間365日対応してくれるカスタマーセンターが意外と便利だった。

実はシティVISAプラチナにはない特典らしい。

高級感ではダイナースやアメックスより若干低いが、

コストパフォーマンスがすばらしい。

プラチナカードのショッピング枠ですがVISAが300万円であり、

アメックスは顧客別に設定されているのだ。

アシスタンスサービスは24時間のデスク対応など、その他忘れ物検索サービス、

海外おみやげや海外商品の検索・サービスがあり、

ここはVISAが少しアメックスに落ちるかも。

しかし、おおくのプラチナがその特典をオープンにしていないけど、

VISAはオープン。

HPにプラチナの特典を公開し、プラチナに関する問合せ先まで書いてある。

顧客を積極的に集客している。

プラチナカードを取得するにはゴールドを所持している必要がある。

従来みたいに条件はそれほど厳しくないが、

すべての人がゴールドを取得できるわけではない。

だからVISAならVISAと一本化して、おすすめします。

ではダイナースのプレミアやアメックスのプラチナとの違いについて。

特典の詳細をHPで紹介しているVISAのプラチナ。

うれしいのは年会費は本人が5万円、そして、なんと家族会員は無料。

ダイナースやアメックスに比べて格安。

シティがVISAと提携した「シティVISAプラチナカード」もいいのだ。

世界中の一流ホテルや高級リゾート施設を優先的に使用できる。

そのほかオリジナル特典のトラベラーズチェック無料発行される。

ビジネスで世界中を旅するひとたちはいい。

があまり海外に行かない国内派人にとってはメリットが少ない。

プラチナ入手は条件としてインビテーションを受けること。

VISAでは申し込みも可と記載されているが、

審査パスにはインビテーション同様の条件があるはず。

VISAはその特典をHPで公開しているなどかなりオープンだが、

詳細な条件までは明記されていない。

クレジットを取得するには大きく分けて2つの方法。

はじめは申し込み。ゴールド以下のカードは申し込んで審査パスならいい

次ははインビテーション(招待)なのですが知ってますか。

例をあげるとVISAのゴールドカードを所持してる場合、

利用実績次第でVISAのプラチナカードへのインビテーションがもらえる。

プラチナについて調べようと思っても、ほとんどカード会社はその特典を

オープンに公開はしてない。

すっかりゴールドのステイタスが下がった今日この頃。

それならプラチナがいいですね。

ゴールドからのインビテーションとゲットするには難しいが。

ねらい目はVISAといわれ提携カードがおおいためプラチナの種類も豊富だから。

ブラックの登場で、前ほど遠い存在ではないプラチナだが、

年会費に見合った特典サービスはあるのか?

プラチナカードのトップ2、アメックスとVISAを比較してみると、

年会費はアメックス8万5千円、VISA5万円となる。

なんと3万5千円もの差。

カテゴリー

  • ANA visaゴールド
  • visaゴールド ラウンジ
  • visaゴールドカード
  • visaプラチナカード メリット
  • シティセレクトvisaプラチナカード
  • シティバンク visaプラチナカード
  • 三井住友visaゴールド
  • 三井住友visaゴールドカード
  • 三井住友visaプラチナカード
<ブラックカード取得をお考えの方へ>
アメックスブラックカード完全取得2008年版(ブラックカード取得法のみ)