りそな ダイレクトTop >  埼玉さいたま銀行ダイレクト >  りそなダイレクト 一般とビジネス用に便利

スポンサードリンク

りそなダイレクト 一般とビジネス用に便利

りそなダイレクト 一般とビジネス用に便利。
りそなダイレクトを利用するためには、 日本国内に在住する個人で、りそな銀行・埼玉りそな銀行に普通預金または当座預金があり、電子メールアドレスが必要。(事業用でお使いの口座はご利用いただけません。)

利用できるサービスは、1.普通・貯蓄・当座預金 2.定期預金 ・積立式定期預金 3.外貨普通預金 ・外貨定期預金(米ドルのみ ( 交換レート照会 ・ 「りそなダイレクト」での外貨預金の交換レートが照会できます。  金利照会 ・ 外貨定期預金の金利が照会できる。) 4.投資信託   5.個人向け国債 。
申し込み方法は、 (1) 利用申込書をインターネットのホームページ、または支店の窓口、クイックロビーコーナーから取寄せ。(2) 利用申込書を郵送するか直接来店して届け。(3) 「りそなダイレクトID」と「仮確認用パスワード」を記入した「手続き完了のお知らせ」が届き。(4) 「りそなダイレクト」へログイン、および初期設定。a. ログイン画面で「りそなダイレクトID」と「仮ログインパスワード」を入力して、「ログイン」をクリック 。b. 「仮ログインパスワード」「仮確認用パスワード」を変更。c. 電子メールアドレス、連絡先電話番号、振込限度額を登録。

りそな銀行で無通帳コース「TIMO」のコースに口座開設すると りそなダイレクトを利用する事ができる。TIMOとは、通帳を発行せず、キャッシュカードとインターネットバンキングをベースとした取引きの明細をインターネットで管理する普通預金口座。既にりそな銀行の口座があれば、インターネット上でTIMOに切り替えもできます。 メリットは、1.ATMの時間外手数料が0円 2.りそなダイレクト(インターネットバンキング)からの振込み手数料が0円 3.通帳がないので、盗難・紛失の心配がいりません。4.直近から13か月分の明細書の確認はWebでできる。 5.お手持ちの普通預金口座から簡単に切り替えできる。あとは、メールアドレスがあれば登録できる。あと、日本国内に在住する個人であることが要件。

既にりそな銀行の口座があれば、ネット上でTIMOに切り替えも可能。「TIMO」とは、キャッシュカードとりそなダイレクト(インターネットバンキング)をベースとした普通預金口座。 ATMの時間外手数料0円(りそな銀行・埼玉りそな銀行のATMご利用の場合)や、りそなダイレクト(インターネットバンキング)での振込手数料0円(りそなグループ宛)など、便利でおトクな口座。TIMOへの切替えとりそなダイレクトが同時にお申込むことが。TIMOのメリットは、1.ATMの時間外手数料が0円 2.りそなダイレクト(インターネットバンキング)からの振込み手数料が0円 3.通帳がないので、盗難・紛失の心配なし 4.直近から13か月分の明細書の確認はWebで。 5.お手持ちの普通預金口座から簡単に切り替え。

りそな銀行のインターネットバンキング最大の特徴は、手数料の安さ。りそなダイレクトの利用料無料、振り込み手数料についても、りそな銀行自身とりそなグループの銀行宛ては無料、他行あても100円と他の銀行のインターネットバンキングと比べても非常に安く設定。また、りそなダイレクトはセキュリティ面でも優れているいいました。。りそな銀行のインターネットバンキングは、カードロックサービス、生体認証ICキャッシュカードの導入、ATM利用限度額個別設定サービス、スパイウエア対策ツールの導入など、セキュリティについても様々な取り組みがされているので安心。さらに、万が一りそなダイレクトID、ログインパスワードなどが盗用され、他人に不正使用された場合に発生した損害を補償してくれるというりそなダイレクト安心保険というサービスも。 この補償限度額は300万円に設定されているので、万が一の場合の備えとしては十分な金額。また、この保険はりそなダイレクトを契約することによって自動に加入できますし、保険料等もかかりません。りそな銀行のインターネットバンキングは安心して利用することが。

りそなダイレクトの利用料無料、振り込み手数料についても、りそな銀行自身とりそなグループの銀行宛ては無料、他行宛ても100円の振込み料で。他の銀行のインターネットバンキングと比べても一番安く設定。さらに、万が一りそなダイレクトID、ログインパスワードなどが盗用され、他人に不正使用された場合に発生した損害を補償してくれるというりそなダイレクト安心保険というサービスも。 この補償限度額は300万円に設定されているので、万が一の場合の備えとしては十分な金額。また、この保険はりそなダイレクトを契約することによって自動に加入でき、保険料等もかかりません。りそな銀行のインターネットバンキングは安心して利用することができる。セキュリティ対策もカードロックサービス、生体認証ICキャッシュカードの導入、ATM利用限度額個別設定サービス、スパイウエア対策ツールの導入など、セキュリティについても様々な取り組みがされているので安心。

りそなダイレクトの3大特典として次のものが挙げられます。1.振り込み手数料が無料!りそな銀行.埼玉りそな銀行・近畿大阪銀行宛の振り込み手数料は無料!その他の他行宛の場合でも100円(税込み)です。 2.レートアップサービス実施中!スーパー定期(お預入期間1年以上)にお預入いただくと、店頭金利に0.3%上乗せします。 3.外貨預金の為替レート・金利が優遇されます。外貨定期預金「アイドル」を開設すると、店頭に比べ、金利が0.3%、為替レートが50銭の得になります。また、りそなダイレクトは、セキュリティ強化の一環として、「ソフトウェアキーボード」によるパスワード入力機能が追加されました。これでキーボードの入力情報を読み取るタイプのスパイウェア※からあなやののパスワードを守ることが。

りそな銀行の特徴は割引されている手数料。自行同一支店・自行本支店宛であれば手数料無料です。他行への振込であっても100円で取引が可能となっており、他都市銀行やネットバンクのオンラインバンキングサービスと比較しても半分以下の手数料ともっとも安い設定。また、外貨預金手数料も往復1円と他都市銀行の半分程度の手数料となっています。2.独自のセキュリティ対策  りそな銀行ではりそなダイレクトが不正利用されたときの損害を年間最大300万円まで補償してくれる「りそなダイレクトあんしん保険」を用意。保険料は無料で自動的に加入します。さらにウィルスや不正アクセス、フィッシング詐欺に対するセキュリティ・ツール「nProtect: Netizen(エヌプロテクト・ネチズン)」を提供。いちどインストールすれば、あとはサイトにある起動ボタンを押すだけでソフトウェアが起動し、PCを保護してくれるようになっている。

りそなダイレクトのメリットは、口座の利用料は無料、りそなグループへの振込手数料は無料、他行への振込手数料 100円!!です。インターネットバンキングの手数料の中で一番安い!また、りそなダイレクトは、カードロックサービス、生体認証ICキャッシュカードの導入、ATM利用限度額個別設定サービス、スパイウエア対策ツールの導入など、セキュリティについても様々な取り組みがされている。さらに、万が一りそなダイレクトID、ログインパスワードなどが盗用され、他人に不正使用された場合に発生した損害を補償してくれるというりそなダイレクト安心保険というサービスも。 この補償限度額は300万円に設定されているので、万が一の場合の備えとしては十分な金額。また、この保険はりそなダイレクトを契約することによって自動に加入できますし、保険料等もかかりません。りそな銀行のインターネットバンキングは安心して利用。

さて、りそなダイレクトは、都市銀行が提供するオンラインバンキングサービスの中でも最も「オンライン」らしいといえる。手数料などの優遇サービスのほか、セキュリティ対策などネットバンク顔負けのサービスを多数展開。りそなダイレクトは、手数料などの優遇サービスのほか、セキュリティ対策などネットバンク顔負けのサービスを多数展開していて、都市銀行が提供するインターネットバンキングサービスの中でも最も「オンライン」らしいといえるのではないでしょうか。りそな銀行は、大和銀行とあさひ銀行との合併により誕生した都市銀行でです。なお、埼玉県内の旧あさひ銀行の店舗は、埼玉りそな銀行として分かれています。埼玉県およびさいたま市、および埼玉県内の大半の市町村の指定金融機関になっているため、不良債権が少なく、事実上国有化されたりそなグループの中では唯一の優良行とされています。りそなダイレクトのサービス内容は、入出金、残高・明細の照会、振り込み・振り替え、定期預金、外貨預金、投資信託、個人向け国債、Pay-easy(ペイジー)の支払い、 公共料金の支払いなど。

さて、今回紹介します「りそなダイレクト」のりそな銀行は、りそなホールディングスグループの一つで、大和銀行とあさひ銀行との合併により誕生した都市銀行です。本店は、旧大和銀行本店であった大阪営業部(大阪府大阪市中央区)です。また、同系列の埼玉りそな銀行は、埼玉県内の旧あさひ銀行の店舗を引き継いだ銀行。本店は埼玉県さいたま市浦和区にあり、かつての埼玉銀行の流れから埼玉県およびさいたま市、および埼玉県内の大半の市町村が指定金融機関としているので、不良債権が少なく、事実上国有化されたりそなグループの中では唯一の優良行とされています。ネットバンキングの使いやすさなど総合的な評価として、手数料などの優遇サービスのほか、セキュリティ対策などネットバンク顔負けのサービスを多数展開しているりそなダイレクトは、都市銀行が提供するオンラインバンキングサービスの中でも最も「オンライン」らしいといえると思います。

さて、りそなホールディングス傘下であるりそな銀行は、大和銀行とあさひ銀行との合併により誕生した都市銀行でです。本店は、旧大和銀行本店であった大阪営業部(大阪府大阪市中央区)です。なお、埼玉県内の旧あさひ銀行の店舗は、埼玉りそな銀行。本店は埼玉県さいたま市浦和区にあり、かつての埼玉銀行の流れから埼玉県およびさいたま市、および埼玉県内の大半の市町村の指定金融機関です。不良債権が少なく、事実上国有化されたりそなグループの中では唯一の優良行。りそなダイレクトは、手数料などの優遇サービスのほか、セキュリティ対策などネットバンク顔負けのサービスや万が一、りそなダイレクトID、ログインパスワードなどが盗用され、他人に不正使用された場合に発生した損害を補償してくれる保険への自動加入など都市銀行が提供するインターネットバンキングサービスの中でも最も「オンライン」らしいといえる。

りそなダイレクトとは、りそな銀行が提供しているインターネットバンキングサービスのことです。インターネットバンキングは、いつでもどこでも、わざわざ銀行やコンビニのATMに行かなくても、パソコンやケータイから残高照会や振込がす。通帳に記帳しなくても、取引明細を見ることができます。公共料金や家賃、あるいはクレジットカードの引き落とし前に残高確認して安心です。引き落としされたかどうかの確認もして安心。振込だっていつでもできる。しかも振込の手数料が割安です。深夜に振込手続をしても時間外手数料はかかりません。
りそな銀行では、りそなダイレクトというインターネットバンキングのサービスを提供。インターネットバンキングサービスってどんなことなんでしょうね。例えば 銀行の営業時間は平日の9時から15時まで。ちょっと昼休みに行こうと思っても近くに行きたい銀行があるとは限りません。近くの違う銀行やコンビニのATMだと手数料を取られる。仕事が終わってからだと平日は18時を過ぎたり、または土日・祭日は、自分の銀行であっても高い手数料が取られてしまい。インターネットバンキングを利用すると、いつでもどこでもパソコンやケータイから残高照会や振込ができる。しかも振込み手数料は窓口やATMよりも安。

そもそもインターネットバンキングは、実店舗を持たないネットバンクが、インターネットを経由し、銀行とかその他金融機関の利用ができるサービスとして展開。今は、りそななど多くの都市銀行や地方銀行も取り組んでネットバンキングとネットバンクは混同されがちですが、ネットバンキングはネット上で各種取引ができる銀行サービスのことネットバンクは実店舗がなく、全ての取引をインターネット上で行う銀行のことで、よく知られているのがイーバンク銀行やジャパンネット銀行。各銀行によって、ネットバンキングのサービス内容は様々ですが、基本として、入出金、残高・明細の照会、振り込み・振り替えなどが利用できる。

りそな銀行が提供しているインターネットバンキングサービスに、りそなダイレクトがありインターネットバンキングでできることは、各銀行によって、ネットバンキングのサービス内容は様々ですが、基本的には、入出金、残高・明細の照会、振り込み・振り替えができ公共料金や家賃、またはクレジットカードの引き落とし前に残高確認して安心。引き落としされたかどうかの確認も。振込だっていつでも。しかも振込の手数料が割安

関連エントリー

りそな ダイレクトTop >  埼玉さいたま銀行ダイレクト >  りそなダイレクト 一般とビジネス用に便利