歯列 矯正 ブログTop >  ブログ日記 >  歯列矯正の医療費控除について

スポンサードリンク

歯列矯正の医療費控除について

歯列矯正についての日記。


歯列矯正って子供にする治療のイメージが強いかもしれないが、
大人でも歯列矯正を行っている人は多いみたい。


歯列矯正、メリットも多いが、デメリットのひとつとしてかかる費用が
安くないということもある。


歯列矯正は、一般的な歯科治療のように健康保険をつかうことができないのだ。
また、治療にかかる期間も長いので、どうしても費用が多くかかってしまうのだ。


そこで医療費控除の話をしよう。
歯列矯正にはこの制度が利用できるのだ。


医療費控除とは、申告者本人が、本人もしくは申告者と生計を共にする
配偶者や親族の多額の医療費を支払った場合、所得控除の適用があり、
税金の軽減、還付などを受けられる制度だ。


税金の軽減額などは所得額や他の控除などによって違いはあるが、
だいたい控除額の1,2割だそう。


歯列矯正の際など、医療費控除でお金が戻ってくるか確かめてみよう。
今日の日記は役に立ったでしょ?


歯列矯正とはメスを使わない歯並びの矯正治療のことだ。
それで今日の日記は歯列矯正に関係する用語を説明しよう。


○〈う歯〉とは虫歯ができた歯のこと。
○〈う触〉は虫歯になること。
○〈過剰歯〉は32本ある永久歯の他にさらに生えてくる歯。
○〈頬側〉とは歯の外側のことだ。
○〈咬耗〉は、噛んで行くことで表面が擦り減ることで、
科学的に歯が溶解する場合にも使う言葉だ。
○〈混合歯列期〉は最初の永久歯が生え始めてから、
最後の乳歯が抜けるまでの時期を言う。
○〈永久歯列期〉は永久歯が生え揃った後から抜けるまでの間のことをさす。


以上、歯列矯正治療を行う時に、使われる歯科に関する用語を説明してみた。
歯列矯正が気になる方は、いろいろブログを検索して、調べておくと安心だ。

関連エントリー

歯列 矯正 ブログTop >  ブログ日記 >  歯列矯正の医療費控除について