歯列 矯正 ブログTop >  ブログ日記 >  歯列矯正の日記を紹介。

スポンサードリンク

歯列矯正の日記を紹介。

歯列矯正の日記を紹介。


必要な歯並びとして、子供に起こりやすいもののひとつに
上顎前突があるの。


いわゆる出っ歯ね。
気にしている人も多いと思うので、今日の日記はこの話題。


この上顎前突は日本人に多いと言った認識も多いようですが、
これは欧米の人々にも同じくらいの比率で起こっている症状なんだって。
そして実際には同じくらいの比率でおこる日本人と欧米人の上顎前突だけど、
厳密に分けるとその症状には違いがあるんだって。


日本人の場合は、上顎前歯の前方傾斜が多いらしい。
つまり歯の生えている歯槽突起部の傾斜が多いということ。
これに対して欧米人の症状は、上顎骨全体と言うか、そのものの前方位に
よるものが目立っているらしい。

だから歯列矯正を考えたら、日本人のほうが、欧米人の場合より
治療は比較的らくみたいよ。


芸能人なんかが上顎前突を売り物にして成功している人も見かけるので、
必ずしも歯列矯正が必要とは限らないけれど、噛みあわせの面や
個人の事情によっては歯列矯正を考えてみたほうがいいかも。

歯列矯正は日本ではあまり重要視されてきませんでした。
八重歯なども愛らしくてかわいいと思われてきた部分があったのが、
歯列矯正を考える人が少なかった原因かもしれません。


でも欧米などでは様子が違います。
歯並びは身だしなみのひとつ。
その人の家柄、育ってきた環境、教養や文化的背景までを示す物として
とらえられているそう。


欧米では教育が重要であることは日本と同じですが、
同じくらいの比重で歯列矯正治療をとらえているわけです。
歯列矯正も親の義務のひとつで、歯並びが悪いまま社会に出るという事は
とても恥ずかしいことなのです。


歯並びが良いと、笑顔にも自信が出て、日本国内ではもちろん
言葉の通じにくい海外などでも大いに役立つでしょう。
歯列矯正について気になる方は、いろいろ調べてみるとよいかもしれません。


歯列矯正について検索したら、歯並びには上顎前突などがあるって
ある日記に出ていたの。
これは口呼吸や母指吸引癖、いわゆる指をしゃぶる癖などから
起こってしまう歯並びでもあるみたい。


そして次に多い不正咬合に下顎前突、いわゆる受け口があります。
歯列矯正を必要とするものとは違い先天的な顔の特徴と
思っている人も多いかもしれない。


受け口って、ちょっと見ると怒っているような印象を与えたり、
見る角度によっては笑っているような表情にも見えたりするよね。


この歯並びは、特に日本人だけに多い歯並びではないらしいけど
それを気にして歯列矯正などを行う人の数が多いので、
日本人に下顎前突が多いと言われているのかもしれないって。


下顎前突の歯列矯正を考える場合、なるべく早く、その症状に気づき、
矯正歯科を訪れるとよいって日記に出てたわ。

関連エントリー

歯列 矯正 ブログTop >  ブログ日記 >  歯列矯正の日記を紹介。