歯列 矯正 治療費Top >  歯列矯正治療費用 >  成人の歯列矯正の治療について

スポンサードリンク

成人の歯列矯正の治療について

成人の歯列矯正で使う矯正装置には、着脱式、固定式があるんだって。


どちらかが優れている!というわけじゃなくって、成人治療の用途に合わせて、使い分けるらしいよ。


成人歯列矯正の装置は、歯を正しい位置に動かすための装置だから、
決められた時間、装着していないと効果はないよ。


でも着脱式の歯列矯正装置だと、成人患者さんの中には医師の指示通り
装着しない場合もあるんだって。


つまりそういう点では取り外すことのできない固定装置のほうが、
確実に決められた時間、装着できるといえるんだよね。


歯列矯正装置の固定装置でも成人マルチブラケットというのが一番人気。
そしてその応用として舌側にブラケットを装着する舌側ブラケットって
いうのもあるらしい。成人もらくになった。


マルチブラケットだと口元にブラケットがむき出しになっちゃうけれど、
人目に付かないよう歯列矯正したい場合は舌側ブラケット法がいいかも。
歯列矯正は長い治療期間になるので、成人も装置を慎重に選ぶほうがよいよ。


成人の歯列矯正といえば、たいていの人がマルチブラケットを装着している人を
見た事があるのではないかと思う。
笑った成人の人の歯に銀色の歯列矯正装置がついているのだ。


成人の歯列矯正治療では、マルチブラケットが最も広く普及している矯正器具といって
間違いない。
というのは歯列矯正をする上で、合理的かつ安全性も高いと考えられているためだ。


症状によって歯列全体に装着する場合もあれば、矯正の必要のある一部だけ、
装着する事もあるらしい。


マルチブラケット装置を使った方法は、エッジワイズ法とという方法を基本に
発展してきたそうだ。


マルチブラケットの弾力線の形態には、さまざまな種類があり、
ブラケットの素材そのものも色々な物があり、金属性の物が一番広く普及しているそうだ。


成人で歯列矯正を考えているなら、装置についても詳しく調べておくといいと思うよ。


歯列矯正とは一般的にメスを入れない矯正治療のことだ。
成人のしかし、ブログで読んだら、歯列矯正にもいろいろなケースがあるので、
歯を抜いたほうがよい場合もあるらしい。
ということで、今回のブログは歯列矯正と抜歯について語ろう。


歯列矯正治療で抜歯?
それはたいてい上顎前突や下顎前突、上下顎前突などにおいて、
歯を綺麗に並べる場所を確保するためなのだ。


つまり顎を広げるためや奥歯を後方に動かすのが困難な場合があるからで、
顎の骨が成長し終えた成人によく見られるそうだ。
このように他の目的のために問題の無い歯を抜く事を便宜抜去というらしい。


歯を抜かないと治療が困難になる場合もあり、それぞれ人によって違う。
もちろん健康な歯を抜きたいと思う人はいないだろう。


しかし、抜歯しなければならないのに、無理に歯をそのままにしておくと、
根本が解決していないので、歯並びが整ったように見えても、
すぐにまた動いてしまう事もあるらしい。
よく医者に相談して考えることが必要だ。


歯列矯正とはメスを入れない歯の矯正の事。
歯列矯正の効果や始めたきっかけなんかはブログを検索してみて、
歯列矯正の体験談を見るといいかも。
以下ブログに出ていた体験談。


歯列矯正を始めたのは母が自分の口の中に八重歯を見つけた小学5年生の時。
途中、虫歯になったり、装置を付けるのを時々さぼったせいか、
時間がかかったほうかもしれないわ。


上の奥歯に装置をひっかけるための器具をつけて、
寝るときだけ装置をつけたの。
奥歯を移動させ、下の歯列を広げる為の装置も加わったので、
毎晩2つも装置をつけるのはちょっと面倒だったわ。


現在は22歳。
動かした歯を固定するための保定装置をつけてるの。
寝ている時に使用する他、下の前歯の裏側にもワイヤーをつけてます。
毎晩装置をつけるのは、いまだに面倒よ。


つらかった事も多い歯列矯正だけど、鏡の自分を見ると
本当にやっておいてよかったと思うの。

関連エントリー

歯列 矯正 治療費Top >  歯列矯正治療費用 >  成人の歯列矯正の治療について

カテゴリー


Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo