スポンサードリンク

歯列 矯正 治療費について

歯列矯正の治療費について。成人、子供の歯列矯正の治療費、専門医の料金など わかりにくい裏側もブログ形式でよくわかる日記です。相談無料の医院もあり。


歯列矯正の治療費用は?

歯列矯正の治療費用はどのくらいかかるのだろう。
成人と子供の治療費用はもちろん異なる。

歯列矯正の治療というのは本来、メスを入れず歯並びの矯正治療を行うことだけど、
今日は歯列矯正の「外科的処置」についてブログを読んだので、書いてみるね。
治療費用の差額も処置の対応だったりするので。

まず、外科矯正のひとつに「骨格性下顎前突」というのがあるんだって。
骨格性下顎前突は、遺伝的要因が強いので、
親がそうだった場合、子供にもその傾向が現れるのではないかと、
早くに治療してもらいたいという要望があるらしい。
当然、費用がきになるが、、、、、

でもこれは子供うちは治療すべきかどうか、その症状の判断がつきにくいものなので、
子供にはしない治療らしいよ。
こういう外科的な治療っていうのは、顎の骨が成長しきった時に行うのが賢明らしい。

ただ、骨を外科的に矯正するから、まるで別人のようだ!と満足できる手術結果が
多いってブログに載ってたよ。

歯列矯正に使うリテーナーについてのブログを読んだので、ご参考まで。
歯列矯正した後、歯が元に戻らないようにつけておく装置のことだよ。
歯列矯正して1年間は移動した歯がまだ安定していないから、
この期間中は歯磨きの時以外、食事中もリテーナーを着けておいたほうがいいんだ。
この場合は大人、子供もできるならやった法がいい。

もし着けていないと、その間に歯が移動してリテーナーを装着しようとしても、
入らなかったり、とても痛かったりするらしい。
歯列矯正後は、油断せずしっかりと装着する必要があるみたい。

普通、リテーナーっていうのは歯を移動させる器具ではないから、
装着時の痛みはないんだよ。
だからもし歯ぐきなんかが痛む時は、がまんしないで調整してもらったほうがいいよ。

そして歯列矯正後、約1年間リテーナーを使って、歯の位置が落ち着たら、
少しずつリテーナーをはずす時間を作って、歯の安定性を判定するんだって。

歯列矯正治療の体験談をブログで読んだの。

「歯列矯正治療について考え始めたのは小学校2年の歯科検診。
下顎が小さくて、将来、受け口になるかもしれない。
今のうちに歯列矯正をした方がいいって言われたんだ。

でも近くの歯科では、永久歯が生えそろうまで様子を見ることになってね。
歯列矯正治療に通いだしたのは小学6年生の時だったかな?

小学生で2本、高校生で2本歯も抜いたよ。
装置は、小学生の頃は歯列を横に広げる装置を、
中学の頃は寝ている間にチンキャップを2,3年。

マルチブラケットは大学から社会人の間4,5年つけていたかな。
つけて2,3日は固い物が食べられなかったなぁ。
その後装置をはずし、下の前歯の裏にワイヤーをつけ固定し、
通院は3ヶ月から半年に1回のペースになり、やがてとりあえず矯正治療は終了したよ。」

これは歯列矯正治療の一例だけど、ブログの体験談から分かるように、
歯列矯正って長い期間がかかるみたい。

歯列矯正と顎関節症について、友達のブログ日記で読んだんだ。
顎関節症っていうのは歯学的に様々な専門分野が関わる症状なんだ。

歯科大学系では顎関節症の症状のために額関節専門の診療科を
置いている病院もあるんだって。
顎関節症っていうのはいろいろな分野が各々対処法を持っているけれど、
たいてい口腔外科の医師が任されるらしい。

もちろん歯列矯正治療を行うことによって有効な時もある。
額関節からの異音、痛み、開閉における口の運動の制限などが見られ、
そこから頭痛やめまいといった症状蛾出てきたり、その症状はさまざまで、
患者個人の顎関節症の原因を突き止めることはとても難しいらしい。

顎関節の異常で歯科を訪れる患者さんには、
矯正装置で対処しなければと考える医師も多いけれど、
まずは内科的な処置を優先して考える方が患者さんのためになるらしいよ。
治療費用も医師の判断で変わってくるのですね。

カテゴリー


Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo