スポンサードリンク

アメリカン エキスプレス カードについて

アメリカン エキスプレス カードの年会費や審査、銀行など紹介。プラチナ 、ブラック、 ゴールド、セゾンの特典やトラベラーズチェックや海外旅行保険や補償についても。

<ブラックカード取得をお考えの方へ>
アメックスブラックカード完全取得2008年版(ブラックカード取得法のみ)


アメリカン・エキスプレス・カード年会費と審査

アメリカン・エキスプレス・カードは、典型的なT&E(トラベル&エンターテイメント)カードで年会費が高くなるほど、独自のサービスを受けることが可能に。紛失時の再発行が支店がある国であれば、どの国で発行されたカードであってもほぼ翌日発行できるなど、海外でのサービスに重点を置いている。
アメリカン・エキスプレス・カードの特徴は、種類があり、年会費が高くなるにつれて、受けられるサービスも違うし、持っている種類によって、表すステータスも変わってくる。典型的なT&E(トラベル&エンターテイメント)。
アメリカン・エキスプレス・カードは、典型的なT&E(トラベル&エンターテイメント)ですが、マイナー地域の航空券やホテルの手配を請け負ったり、高級ホテル宿泊時に独自サービスの提供を受けられるという特徴。万が一、海外で紛失した場合、どの国で発行されたカードであってもほぼ翌日発行が可能。
アメリカン・エキスプレス・カードは、マイナー地域の航空券やホテルの手配を請け負ったり、高級ホテル宿泊時に独自サービスの提供を受けられる典型的なT&E(トラベル&エンターテイメント)。ただ、カードにはいくつかのグレードがあり、年会費も違いますが、グレードによって受けられるサービスも異なります。また、グレードが、社会的ステータスを表す。
アメリカン・エキスプレス・カードは、海外旅行等の旅行や出張時のサービスに重点をおいているのが特徴です。万が一、海外で紛失した場合、どの国で発行されたカードであってもほぼ翌日に発行してくれるなどサービスが行き届いて。は典型的なT&E(トラベル&エンターテイメント)。

プロパーカードとはクレジット会社が他と提携せず単独で発行すること。アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード (ブラックカード) 168,000円、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード (プラチナ) 105,000円、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード (ゴールド) 27,300円、アメリカン・エキスプレス・カード (グリーン) 12,600円が基本。これらのほか、ビジネス、コーポレートドなど。提携カードも、プロパーカードに準じている。
プロパーカードは、提携しない単独で発行することを言いますが、アメリカン・エキスプレス・カードでは、アメリカン・エキスプレス・カード (グリーン) 12,600円、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード (ゴールド) 27,300円、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード (プラチナ) 105,000円、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード (ブラック) 168,000円などのグレード。金額は全て年会費。
株式会社クレディセゾンは、「《セゾン》アメリカン・エキスプレス」及び「《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス」を発行しています。American Express International, Inc.日本支社のアメリカン・エキスプレス・カードとサービスは違いますが、それぞれ年会費が安く、また、提携カードが多いのが特徴。
他のクレジットカード会社が、年会費無料などを売りにするのに対して、アメリカン・エキスプレス・カードは一番安いグレードでも年会費12600円と高額。これがアメリカン・エキスプレス・カードがステータスを示すと言う所以でしょう。グレードとしては、アメリカン・エキスプレス・カード (グリーンド) 12,600円、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード (ゴールド) 27,300円、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード (プラチナ) 105,000円、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード (ブラック) 168,000円など。

アメリカン・エキスプレス・カードは、単独で発行するプロパー以外にも、各種の提携カードがあり。有名なものとしては、株式会社新生銀行、株式会社ホテルオークラ、松井証券株式会社、株式会社ヤナセ、コストコホールセールジャパン株式会社など。プロパーカードとほぼ同様のサービスが受けられる。それ以外にもクレディセゾンが発行する《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードがありますが、こちらは受けられるサービスが異なる。

株式会社ジェーシービー(JCB)と加盟店に関する業務で提携していて、アメリカン・エキスプレスの加盟店に加えてJCBの加盟店でもアメリカン・エキスプレスを利用する事が。他のクレジットカード会社ではゴールドカードのサービスである空港のラウンジを一般のアメリカン・エキスプレス・カードでも利用する事がOK
アメリカン・エキスプレス・カードは、株式会社ジェーシービー(JCB)と加盟店に関する業務で提携しており、アメリカン・エキスプレスの加盟店だけでなく、JCBの加盟店でも利用できるので、利用に不便はありません。他の会社ではゴールドのサービスである空港のラウンジを一般のエキスプレスでも利用する事が出来る。
アメリカン・エキスプレス・カードがどこで使えるか?と不安に思う方がいるかも知れませんが、ご安心ください。アメリカン・エキスプレス・カードは、株式会社ジェーシービー(JCB)と加盟店に関する業務で提携しているため、JCBの加盟店で問題なく使えます、そしてアメリカン・エキスプレスの加盟店でも使えるため、利用する場合にまず問題はありません。
アメリカにおいては、とてもステータスのあるアメリカン・エキスプレスですが、日本においては、利用場所が少ないのではないかと不安に思う人もいるかも知れません。しかし心配する必要はありません。アメリカン・エキスプレス・カードはジェーシービー(JCB)と提携しているため、JCBカードが使えるお店では問題なく利用することが。
日本に於いては、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド日本支社がアメリカン・エキスプレス・カードを発行しています。株式会社ジェーシービー(JCB)と加盟店に関する業務で提携しているので、アメリカン・エキスプレスの加盟店に加えてJCBの加盟店でもアメリカン・エキスプレス・カードを利用する事が出来ます。利用に不便はありません。

アメリカンエキスプレスは、1850年に、ヘンリー・ウェルズ(Henry Wells)とウィリアム・ファーゴ(William Fargo)によって創立されたとされていますが、識者の中でも正しい創立年は意見が分かれています。元々は高級貨物を運ぶ運送業からスタートしたと言われる。
エキスプレスカードといえば、アメリカン・エキスプレスカードのことを指す場合が多いですが、アメリカンエキスプレスの歴史は長く、1850年に、ヘンリー・ウェルズ(Henry Wells)とウィリアム・ファーゴ(William Fargo)によって創立された
エキスプレスカードは、アメリカンエキスプレスのカードのことを指しますが、クレジットカードの元祖はダイナースという会社です。その後、アメリカン・エキスプレスが1950年にクレジットカード事業をはじめます。アメリカンエキスプレスの略称はアメックス。
エキスプレスカードを発行する、アメリカン・エキスプレス(American Express、NYSE:AXP)は、クレジットカードの国際ブランドの一つです。又、これを運営するアメリカ合衆国の企業のことを指しています。略称は「アメックス」(Amex)。
エキスプレスカードをと聞くと、どんなイメージをお持ちですか? エグゼクティブとか、リッチなイメージを持つのでは無いでしょうか? エキスプレスカードを発行する、アメリカン・エキスプレス(略称:アメックス)はクレジット会社の老舗です。元々は高級貨物を運ぶ運送業からスタートした。

<ブラックカード取得をお考えの方へ>
アメックスブラックカード完全取得2008年版(ブラックカード取得法のみ)