消費者金融Top >  消費者金融金利キャッシング >  消費者金融の金利とキャッシング

スポンサードリンク

消費者金融の金利とキャッシング

消費者金融は消費者金融会社と銀行、クレジット会社であり、
特徴がそれぞれある。たとえば
担保なしであなたの「信用」だけでお金が必要になったとき、シンプル審査でお金を貸してくれる。
だから消費者金融は、「信用」審査にパスした人だけが借り入れをできるのです。
「信用」とは、あなたの返済能力であるのです。
消費者金融のメリットは即時審査、多様な申込方法、かんたん返済方法、自由返済方法、CD・ATM利用手数料不要、
カード取得費用・年会費不要となかなかメリットはある。
もっと詳細はインターネット、自動契約機や電話でも申し込OKで、
消費者金融は迅速に融資の判断をしてくれ、当日のうちに振り込まれる業者も。
一定の枠内であれば必用に応じて借入れや返済ができ、増額もできたり。
プライバシーが完全に保護されており、安心して利用OKで大手銀行も消費者金融に参入してる。

では、消費者金融を利用する申込手続きですが、
消費者金融などの金融機関が、現金を貸し付けることをキャッシングであり、
キャッシング申込には、各社で申込方法が違うが、それもかんたん。
消費者金融の申込み方法は
インターネット申込み
店頭窓口での申込み
自動契約機での申込み
電話でのお申込み
FAXでのお申込み
コンビニでのお申込み
郵送でのお申込み
などなどに消費者金融の申込み方法は何種類もある。
申込み窓口が違うだけで申し込み手続きの流れは、かんたんでほぼ同じ。

では消費者金融の申込み手続きの流れ

.申し込み:消費者金融審査に必要な事項を申込書に記入、

.受付・確認:本人確認書類(免許証・健康保険証など)のコピーを提出。
間違いなく本人のものであるか、偽造されたものでないか。

.審査:消費者金融申込書に書かれた内容を個人情報機関に照会し、
その結果を踏まえて融資の額が決定。 
カードの発行や指定口座への振込み。

4.契約:契約書類が作成され、新規契約の一連の手続き終了。

消費者金融からお金を借りのは、最大の特徴である無担保、無保証、迅速な融資がメリット。
インターネットや自動契約機などを利用しての手続き申込がいい。
たとえば自動契約機には、アコムの「むじんくん」武富士の「¥むすび」レイクの「ひとりででき太」。
消費者金融の自動契約機の中はモニターを通してオペレーターとつながってる。
ながれは
1.タッチパネル式の自動契約機に着席
2、受け付けセンターにつながり、スタッフがモニターを通してチェック。
3、免許証などの本人確認用の書類を備え付けのスキャナーで読み取り。
4アナウンス・ガイドにしたがって、
 タッチパネルから年齢・性別・既婚/未婚・年収・勤務種別・勤務年数などを入力。
5.受付センターでは送られてきた情報を基に
 個人信用情報機関への照会やお客様の勤務先の住所や電話番号など確認。
6.貸付決定後、契約書を作成して、すべての手続きが終了。
7、その後、カードが発行され、ATMやCDでいつでも利用限度内で利用。

さて手続きが完了で、消費者金融の契約が成立。
「お金を借りる権利」ができました。同時に「お金を返済する義務」もあります。
借りたお金(元本)とく、借りていた日数に対して契約時に交わした利率で支払が生じ、これが利息。
元本と利息の合計を決められた日までに返済する。
返済が遅れると「遅延損害金」が発生し、遅延が度重なると「期限の利益の喪失」となる。
では「期限の利益の喪失」とはなんでしょう?
これは借りたお金をすぐに返済するのではなく、
後で一括または分割で返済できる権利を失ってしまうことなのだ。
だから借金の全額にそれまでの利息を加算した額を、、、、、、、
なんと一括返済することになる。

消費者金融からの融資が決まり、カードが発行されるとカンタンに借入れができる。
コンビニのCDやATM機から貯金をおろす感覚でバンバン、カンタンにお金を借りることができる。
しかし貯金ではなく、元金に金利を加算して返さなければならない。
自分の収入から返済計画を立てること。
消費者金融から返済可能額以上のキャッシングをすると、
金利・遅延損害金が増えることになります。
利息は日割り計算。
お金が出来たら、まめに返済。

もし消費者金融への返済が厳しくなったら、家族、借入れ先の業者に相談するべき。
返済途中に予想のできないいろいろなことが発生し、返済ができなくなるケースもある。
借金返済のために新たに借金を重ねることは絶対にやめてください。
借金が雪だるま式に増えて、アナタの返済能力を超えてしまいます。
悪徳金融業者の「誰にでも、いくらでも、必ず貸します。●●金融(株)」こんな広告甘い広告は注意。
消費者金融からキャッシングやローンを必要以上にかいりれし、
多重債務、債務整理、自己破産となるケースが増加している現実を忘れずに。

関連エントリー

消費者金融Top >  消費者金融金利キャッシング >  消費者金融の金利とキャッシング


Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo



三井住友銀行グループの
アットローン