FX スワップ金利Top >  FXスワップ初心者 >  FXスワップ金利 初心者の必勝法ブログ

スポンサードリンク

FXスワップ金利 初心者の必勝法ブログ

FX初心者の必勝法ブログが常勝バイブルとなるだろう。
外国為替証拠金取引(FX)は利子(スワップ金利)で儲けることができます。金利が高い国があったり、低い国があったり、各国通貨の金利はそれぞれ違います。スワップは、金利の低い通貨から金利の高い通貨を買った場合、その金利差(スワップ)が収入としてもらえます。たとえば日本の金利が1%、購入する外貨の発行国の金利が5%の場合、両国の金利差である4%がスワップ(スワップ金利)として入ってきます。外国為替証拠金取引(FX)の醍醐味であるレバレッジ効果は、このスワップ金利にも影響してきます。金利の高い通貨を売って、安い通貨を買う場合には金利の支払いが発生します。近年では、日本の円よりも、海外の外貨の金利の方がすっと高い状況が続いていることから、外貨の買いポジションの場合には、スワップを受け取ることができるのです。外国為替証拠金取引(FX)を活用し、レバレッジを3〜5倍程度かけることで、スワップ金利は10〜20%にもなります。インカムゲイン重視で長期的に投資されるのであれば、FXは強力な武器になります。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップ(スワップ金利)とはなんでしょうか?一言で言えば、スワップとは金利差です。FXでは、金利の安い通貨(例えば、日本円)を売って、高い通貨(例えば、豪ドルや米ドル)を買っているときに、その金利の差額分の受取が発生します。仮に1ドル=100円の時に1万ドルで取引を始めます。円とドルの差が年3.5%の場合、1年間保有したとします。売却するときに、同じように1ドル=100円であった場合、3.5万円が手元に利子として入ってきます。金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買っている時はその差額分の受け取りが発生します。逆に高い通貨を売って、安い通貨を買っているときは支払いが発生します。 スワップ金利は1日単位で受払いが行われ、ポジションを持った日数分、累積していきます。ただし、このスワップは取引する会社によって微妙に差があります。受け取るスワップが多く、支払うスワップ少ないのが良いというような取扱会社は、なかなかありません。このスワップも取扱会社を選ぶひとつの目安にしましょう。

関連エントリー

FX スワップ金利Top >  FXスワップ初心者 >  FXスワップ金利 初心者の必勝法ブログ