定額 小為替Top >  郵便局証書換金購入 >  定額小為替 郵便局で

スポンサードリンク

定額小為替 郵便局で

定額小為替は、郵便局の民営化で手数料が1枚10円から1枚100円に。
額面を指定できる普通小為替の金額は、以下の通り。
送金額が3万円以下、1枚あたり420円。
3万円以上になると630円となり、金額や用途によるが、
小額の場合は、定額小為替のが得のケースが多い。
定額小為替の発券手数料は、上記となったのでチェック。
いいですか発券手数料は、額面に関わらず1枚あたり100円。

定額小為替には有効期間があ、たとえば発行日から半年が経過したケース、
再発行を請求すれば使えるように。
でもし発行から5年間が経過すると換金も使用自体もできなくなってしまう、、、。
こんなケースがありますので注意。
定額小為替利用時に注意ですが、
窓口で本人確認をされる場合がありなので、
IDや免許、身分証明書を持参。
利用する際に窓口で本人確認を求められるとは
最近はチェックが厳しい。
発行から5年経ってしまうと、定額小切手の効力が失われてしまうとは。
注意!利用の際は必ず発行日を確認。
だって怖いですよね。効力が切れていて無効とか。
安心して換金現金化したいなら発行日は必ず控えておくこと。

定額小為替を郵送する際は普通郵便でもOK。
封筒から透けて見えてしまった場合、盗難などの可能性も。
そんな事件もあるので厚めの封筒をおすすめ。
他の方法として書留や簡易書留を利用すると良い。
相手に届かなかった場合、損害を賠償あり。

定額小為替を郵送するのは普通郵便でもいいのだが、
いろいろ心配があるの。しれは定額小為替は金券のようなものなの。
そんなわけで盗難の恐れもありなのだ。
私は損害を賠償してくれる書留や簡易書留を使う。
また家のポストから抜かれてしまう可能性も。
悪意を持った人が盗難してしまうケースも、、、、、、。

定額小為替とは金券にあたる。
でしから金銭をやり取りする時は、
(郵便で送ることができない)、この場合は、
ゆうちょ銀行でこの定額為替を購入。
書留などで受取り者に送る。

受け取り人はこの定額小為替をゆうちょ銀行に持参し、
現金に換える換金が可能。
定額小為替という名前を聞いたことがあっても、
その使い方や仕方方法が意外と知られていない。
カンタンにいうと定額小為替とは、普通郵便では送ることができない現金を郵送するための小切手。
郵貯銀行でを購入し書留などで受取り者に送る。
す受け取った人はそれをゆうちょ銀行の窓口で、現金化、換金できる。
ゆうちょ銀行はなかなか便利。

関連エントリー

定額 小為替Top >  郵便局証書換金購入 >  定額小為替 郵便局で