スポンサードリンク

自動車保険の等級について

自動車保険の等級,引継ぎの見積比較ランキング。ソニー 損保 、三井 ダイレクト 、チューリッヒ、東京 海上の自動車保険の等級とは。

自動車保険の等級カテゴリー項目一覧

▼ 見積比較ランキング

● 自動車保険の等級、見積もりと比較


自動車保険の等級、見積もりと比較

自動車保険の等級、見積もりと比較について。
自動車保険には等級があり、その等級は1〜20等級までなので、
この等級の数字が高いほど無事故で優良ドライバーの証拠。
つまりディスカウントになる。

あなたの自動車保険の等級は1〜20のどれですか?
新規加入すると6等級となり、1年間を使わなければ1数字がアップ。
保険料はしだいに格安なっていく。
しかし事故が発生だと3つ落ちる。

自動車ほけんに加入すると(ソニー損保、三井ダイレクトの口コミがいい)分かるが、
1〜20まであるが更新時に1年間使わなければ「とうきゅう」が1つアップして、
事故発生は3ダウン、そして料金は上ほど格安なのですね。
見積もり料の増減については時折改定があるみたい。

自動車保険の金額はさまざま条件を設定し、
算出され、生命ほけんなどでも同様。
自動車ならではの特徴が「とうきゅう」ですね。
そう20もの制度。

自動車、生命ほけんも、付帯する条件で料金がアップダウンするが
この制度のメリットは優良ドライバーほど支払っている金額は激安ということ。
つまりこの制度によって優良ドライバーは金額的にかなりメリットがある。

自動車ほけんの「とうきゅう」制度の金額差はどれくらい格安?
6から始まって
・1等は+50%
・17等以上はー60%
・・・・・・・・・・・・・・・・
金額差は約4倍。

これは優良ドライバーにとっては利点。
優良ドライバーは優遇されるが、その基準は自動車だけの独自設定で、
生命保険などにはない。

さて自動車ほけんは使用すると等級が落ちると説明。
でも使っても等級が落ちず、保険料がアップしない場合も。
たとえば
・車両のみ
・車両と搭乗者傷害で、火災・・台風・竜巻・洪水・高潮・盗難などのアクシデント。

事故により自動車保険を使用しても、等級も保険料もそのままのケースがあり、
ノーカウント事故扱いといわれています。
たとえば、
・無保険車傷害にかかわる事故
・搭乗者傷害にかかわる事故
・人身傷害補償(特約)にかかわる事故
など。

実は私も知らなかった等級も保険料も据えおきの「ノーカウント事故」。

自動車で、もし事故を起こしてしまった時、
損害の金額がごく少しなら、使わずに事故支払い、
次年の保険料と等級を考えると格安となる場合も少なくない。
難しいのは事故の時に使うか使わないかの判断。
上位の等級のケースは悩みますね。
場合によっては翌年の出費が少ない時あり、会社の担当者とよく相談をおすすめ。

自動車ほけんのとうきゅうに注目したとき、
高い等級を所持しているのは保険を使ったことのない顧客かもしれない、
本当にに無事故を続けるドライバーだとは限らなに。

もしかしあたら大きな事故を起こしたことがないだけかも。
翌年の金額を計算し、自分自身で、慎重にジャッジしよう