スポンサードリンク

為替ユーロについて

為替ユーロがわかる。外国為替レートやユーロ円相場、両替、手数料、換金の基礎知識。銀行 トラベラーズ チェックやアメックスで海外旅行するときにも役立つ。

為替ユーロカテゴリー項目一覧

▼ 外国為替相場円

● 為替通貨ユーロ 円相場がわかる


為替通貨ユーロ 円相場がわかる

為替通貨ユーロは、1999年に欧州連合の加盟国25カ国中12カ国において統一通貨として誕生。ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、オーストリア、ベルギー、ルクセンブルク、アイルランド、スペイン、ポルトガル、フィンランド、ギリシャの参加12カ国で、今後は旧東欧諸国などから参加が見込まれ。
為替通貨ユーロの歴史はまだまだ浅い。1999年1月1日から、非現金取引(帳簿上の取引)が開始。2002年1月から、通貨の流通が始まりました。参加国は、第1陣が、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、オーストリア、ベルギー、ルクセンブルク、アイルランド、スペイン、ポルトガル、フィンランドの11カ国。2001年に、ギリシャが12番目の参加国。

為替通貨ユーロは、1999年にEU加盟国25カ国中12カ国において誕生しさらにEU新加盟国のうち、ユーロを採用予定の国としては、エストニア、キプロス、スロバキア、スロベニア、チェコ、ブルガリア、マルタ、リトアニアがあり、採用している小国家としてモナコ、サンマリノ、バチカン。
為替通貨ユーロは、2002年1月よりE導入されEUの単一通貨と。1ユーロ(EUR)=100セント(C)。紙幣は、5、10、20、50、100、200、500ユーロの7種類、貨幣は1、2ユーロと、1、2、5、10、20、50セントの8種類があります。ユーロは12カ国で採用。
現在では世界の基軸通貨の一つとなりヨーロッパの景気、特にドイツなど工業国の影響が大きく、ドル安の際の逃避通貨として利用されやすい通貨。

もちろん、日本とユーロの関係も非常に深いものがありユーロ/円の為替相場は、ユーロ/ドルの為替相場に非常に影響を受けている状況。為替相場のユーロ/円の特徴としては、米ドル相場と逆に動くことが多く、ユーロが上がれば米ドルが下がり、ユーロが下がれば米ドルが上がる傾向。
原油高に伴うユーロへの資金シフトなどを背景に、為替相場は円安ユーロ高が進んできました。もっとも、日欧の金利差から乖離する形でユーロ高が進行しているほか、わが国景気の持ち直し傾向明確化を背景に円安ユーロ高は一服する見通し。

日本とユーロの関係は経済を中心にますます強まって絶対的な日欧での金利差や世界的なドルからユーロへの資金シフトを背景に、近年は円安ユーロ高が続いてきた。しかし、日本の景気の持ち直し傾向も明確なったので、円安傾向は一服する傾向に。
原油高に伴うユーロへの資金シフト、日欧の金利差や世界的なドルからユーロへの資金シフトを背景に、近年は円安ユーロ高。
為替において、ユーロ円は発足後最高値を更新し日本の金融政策に大きな動きがなければ、底堅い値動きをしそう。対円では、日本の景気の持ち直し傾向が明確となり、堅調に推移するとの意見が大半。

また、個人としてもユーロとの関係は強まりつつあり例えばヨーロッパへの海外旅行。お気に入りのブランド品を購入するのが楽しみの1つですが、ユーロ高による影響で日本で購入するよりも大変お得というわけにはいかなくなってきました。
、最近ではFXに参加する個人も多く、為替通貨ユーロはドルについで馴染みの通貨でしょう。ユーロの通貨記号はEUR。値動きはさほど大きくない代わりに取引量が多いため市場は安定。FXでユーロと取引をする場合には、ユーロ圏の経済動向や欧州中央銀行の金利政策などを要チェック。

海外旅行で、ブランド品を購入するのが楽しみ。ところでユーロの硬貨は、表面のデザインは共通ですが、裏面のデザインは、国ごとに異なり、それぞれの国で独自の裏面のデザインを持っている。
FX為替通貨ユーロはドルについで馴染みの通貨となっています。ちなみに、為替の世界では、ユーロ/ドルは最も取引量が多い通過ペア。ドル/円や豪ドル/円を取引するときも、世界最大の取引量を誇るユーロ/ドルの動向には注意を向けて取引を行いたいもの。

このように為替ユーロは、導入時と比較して採用圏も拡大し、その存在感は高まっている。特に、ロシアやサウジ諸国がユーロの外貨準備を増加させる傾向があるため、強気な通貨。サウジ諸国とユーロ圏は非常に密接な関係にあり、原油価格の急騰の中でオイルマネーの動向がユーロと密接な関係があり為替通貨としてのユーロは力をつけて、徐々にドルの役割の一部を担いつつあり。
。しかし問題点もあり、各構成国の間で経済的格差や景気の動向などが異なるので、ユーロとしての適性水準が把握しきれないのが現状。英国やロシアが参加するかしないかについて、今後の動向が注目。

為替通貨としてのユーロは欧州単一通貨として、欧州統合への政治的プロセスの一環と言われてる。ユーロ圏の総人口、GDP、貿易高などが米国のそれに匹敵しているので、ドルに次ぐ基軸通貨になると為替ユーロの存在感は高まる。特殊な事情を除いて、加盟国は安定成長協定により、財政赤字の上限がGDPの3%以下を求められている。今後、イギリスの参加の有無や、東欧諸国やトルコなどの参加が焦点。為替通貨ユーロの今後から目を離すことはできません。

このように為替通貨の世界でユーロは第二の基軸通貨として力をもち、徐々にドルの役割の一部をユーロが担いつつ為替通貨としての欧州単一通貨として欧州統合への政治的プロセスの重要な経済的一翼を担う。

カテゴリー

FXシステムユニット01拡張版
1日わずか10分程度の作業で5年間負けなし!FXで年平均リターン139%、金融商品取引業者が実際に使用しているポートフォリオシステム。【簡単サイン表示ソフト付き】