投資信託 ガイドTop >  ガイドおすすめ選び方 >  投資信託ガイド 初心者おすすめ選び方

スポンサードリンク

投資信託ガイド 初心者おすすめ選び方

投資信託ガイド 初心者おすすめ選び方を紹介。その前に基礎知識を少々。
投資信託と銀行預金の大きな違いは、元本保証の有無です。銀行の預金には元本保証がありますが、投資信託には元本保証がありません。投資信託は、運用が失敗すると元本を割り込むこともあり。運用が上手くいけば元本を大きく上回り、大きな利益が得られる。元本を割り込むリスクがあるぶん銀行預金よりも利益は大きくなる。

銀行と投資信託には大きな違いがあります。それは利回りの違い。銀行預金利回りは、0.2%ぐらいです。信託利回りは、平均で5%ぐらいは可能。多少リスクをとってでも信託を購入する方が有利。10年間ぐらいの長期で運用すれば利益も年利回り5%以上で安定。
信託は、長期で運用が可能。毎月一定額、例えば一万円だけコツコツ積み立てていく投資法ならば、簡単にこともなく投資ができる。毎月コツコツ積み立てることによって、ドル・コスト平均法という投資効果が得られる。ドル・コスト平均法はほぼ確実に利益を得ることが。

投資信託は、分散投資が可能な点。一つの会社に集中投資をする場合、とてもリスクが高い。その会社が倒産してしまったらすべてを失ってしまい。信託の場合、回避することが。それは、信託はリスク回避のため、いろんな会社や債券などに分散投資を行なっているから。
信託は株式、債券、外貨、不動産など様々な金融商品が投資対象。例えば不動産。REIT(不動産投資信託)を利用すれば小額で不動産収入を得ることが。REITはかなり人気のある金融商品。そのほか、インド・中国株の信託も人気。これらは、個人では投資できないようなもの。

投資信託は、手数料がかかりる。手数料は大きく分けて2種類。それは信託報酬と販売手数料です。投資信託は、買い付けるときにに販売手数料がかかります。信託は銀行や証券会社、郵便局などが販売を委託されている。販売手数料というのは、そういった機関に支払う仲介手数料みたいなもの。
投資信託の手数料のひとつとして信託報酬があります。信託は、お金を預けて資産運用を代行してもらうという形をとりますから、投資信託を運営しているファンドマネージャーたちに運用報酬を払う必要があります。その運用報酬が信託報酬にあたりる。
投資信託は、元本割れのリスクが。金融市場で資産運用するため、当然リスクはあります。元本を割っている投資信託を目にすることもあり。リスクがつきものです。ファンドマネージャーが優秀かどうかを見分ける材料は過去の実績と今後の投資方針ぐらい。
投資信託のリターンは銀行預金よりも大幅に大きいのですが、もちろんリスク(損失の機会)もあります。景気が悪くなった場合は株式市場が軟調になり、信託の運用成績も悪くなります。そうなると元本割れ。しかし、その元本割れのあとに大幅な上昇が待っているのが株式市場。
投資信託の最大のリスク管理は、長期でコツコツ継続的に国内・国外へと分散投資をしていくこと。ドル・コスト平均法に分散投資を組み合わせていますが、これなら信託を利用すれば誰にでもできますし、リスクも分散されます。リターンは低くなり(年利率7〜8%ぐらい)が、リスク(損失する確率)は限りなく減らすことが可能。

投資信託を利用するうえでの極意は、長期で運用するのがベスト。信託で長期運用した場合、複利の力を最大限に利用することができるから。複利の力というのは時間をかければかけるほど着実に、そして大幅に資産を増やしていくことができる。
投資信託は、短期で見るとそこまで増えないですが、長期で見れば驚くべき運用結果を見せてくれるのが複利のすごいところ。利率が高ければ高いほど、そして時がたてばたつほど大幅に資産が増加していきます。運用するのであれば、短期より長期で運用しましょう。
投資信託の運用に複利があります。福利というのは、短期で見ると効力を発揮しませんが長期で見ると驚くべき効力を発揮。投資信託を長期運用すれば、少しでも預かることができる。投資信託の本質は短期投資ではなく長期投資。余裕資金で投資をして、余裕資金を一度にすべて使わないようにしましょう。
経済というのは好況・不況が交互に来ますから、どうしてもその影響を株式市場も受けてしまい。しかし、不況のあとは必ず好況が来るということ。不況時に株式市場はじわじわ下がり、好況時に大幅に上昇。ですので、買い付けるときは不況時に買い付けるのが理想的。また最低3年以上、できれば10年間の長期運用を考えて投資しましょう。
投資目的を明確にすることで。目的とはつまり、自分は何のために投資を始めるのかということ。住宅資金のためであったり、子供の教育資金のため、結婚資金のため、老後の資金のため、旅行費のためなど、さまざまな目的が想像できる。ぜひとも投資信託を購入する前に、おすすめの選び方をガイドなどで考え、また自分が購入する目的について考えてみてください。

投資信託は、プロであるファンドマネージャーに金融市場にて、投資先を選択して複数運用していき、利益を投資家に分配していくもの。投資家は、個々の投資先について検討せずに、お金を投資信託に預けることにより、資金の運用をすべて投資信託のファンドマネージャーに委託する金融商品。
投資信託は、一般投資家から集めたお金(資金)をまとめ、そのお金を株式や国債、公社債等の有望な投資先をファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロにゆだね、金融市場で運用してもらうこと。その運用の結果、生じた利益を分配金として、投資家に還元する金融商品。

投資信託は、小額(1万円ほど)の投資から始められ、お金を信託に預けるだけなので、投資の知識の無い方でも投資を簡単にはじめられる。さらに、個人投資家では投資できないような金融商品にも投資(不動産・REITや外国株・外国債券など)なども可能。
投資信託は、銀行・郵便局にお金を預けていても利率は、とても低く、ほとんど利益を得られない状況です。しかし、投資信託は、少なくとも年間5%は利率がつく可能性があります。投資家は資金を提供するだけで運用はファンドマネージャーが行ないます。これが投資信託。おすすめの選び方をガイドやコンサルティングでも相談できる。

投資信託は、仕事が忙しく投資に時間をかけることができない方や知識が全くわからない方、また投資にお金を回す余裕があまり無い方に向いている。お金に余裕のない人は、投資信託えあれば毎月1万円から積み立て運用が。投資家は資金を提供するだけで運用はファンドマネージャーが行ない。これが信託で、これらの選び方やガイドはおすすめのマネジャーが安心。

関連エントリー

投資信託 ガイドTop >  ガイドおすすめ選び方 >  投資信託ガイド 初心者おすすめ選び方