スポンサードリンク

レーシック 手術について

レーシック 手術失敗談や視力 回復体験について。レーシック 失敗による再手術 、後遺症、失明危険は本当にあるのか?など術後メリット&デメリットなどのレポート

レーシック 手術カテゴリー項目一覧

▼ 手術失敗 談

● レーシック手術の失敗と体験談について


レーシック手術の失敗と体験談について

レーシック手術の失敗と体験談について。
レーシック手術とは、視力低下に悩んでいる人や、長期間、極度の近視や乱視で仕事に支障をきたしている人にとってはまさに待ち望んでいた矯正術のように感じられるのではないだろうか。レーシック手術の失敗はないのかも、気になるところだ。
事実、本場アメリカでは日本とは比較にならないくらい多くの症例があり、多数の人がレーシックによって視力を回復している。
それは日本も同様で、スポーツ選手や、有名人の中にも、レーシック手術によって視力回復し、クリアな視界を再び手にして喜んでいる体験談も少なくない。
個人差はあるが、術後直ぐに見えるようになったという人も何人かいる。

しかしながら、レーシックは完璧な視力回復法ではない。失敗も残念ながらある。
どんなことにもそうだが、レーシックに関してもメリットも多ければデメリット(失敗)も存在するということを認識した方がよい。
そこで、レーシックにおけるデメリット(失敗)にどんなものがあるのか、以下に紹介しよう。

デメリットというより、失敗リスクとして、レーシック術後に思うように視力が回復しない場合があるという。
レーシックで、得られる効果は、患者の個人差にもよるが、目の状態などによって、全て同じ結果にはならないのだ。
術前に、どの程度回復するのか診断するには限度があり、実際に行ってみないと効果の程はわからない。つまり失敗の程度の幅もある。

受けた人の意見を聞くと、レーシック手術においての失敗リスクに関しては、あらかじめクリニックで説明がされるのだが、起こり得る失敗リスクを十分に理解した上で手術を受けるか否かを決定はとても重要なのだそうだ。(失敗)の可能性がゼロではないのだから。

では
レーシック手術での失敗 談を誤解しないためにはどうしたらいいのでしょう?

レーシックというものは眼科治療をするなかでも素晴らしい医療技術。
というのも、成功すると、今までメガネやコンタクトレンズが必要不可欠だった生活から解き放たれて、視力が悪くなる前のくっきりとした視界を再び手に入れることが出来るからです。

しかし、レーシックを眼科で受ける時に、知っていなければならないことがひとつだけあります。
眼科でレーシックの際におこりうる失敗リスク等の説明内容をカウンセリングで受ける時にはきちんと把握しておかないといけない。
そして、把握した上でさらにレーシック手術の解釈を誤解しないようにしないといけないと思います。

レーシック手術を受けて視力が元に戻ったという人は多数います。
そもそも、レーシックというものは角膜の屈折の異常を矯正、つまり、レンズの屈折角度を正しく戻すことにより視力の回復を助けるのです。しかし、この方法は、眼中組織構造そのものを変えるわけではないので、根本的に視力が戻るということではない、ということを理解して欲しいのです。

それはつまり、レーシックによってたとえ視力が戻ったとしても、眼中内部はまだ近視に乱視そして遠視という、眼球そのものの構造は変わらずに持っているため、もともと極度に度の強い近視の場合はレーシックをしても、緑内障(近視の人がかかりやすい)のような目の病気にかかる確率は、普通の視力の人の眼球構造よりも高いままということになる。

もちろんこういった病気はレーシックを受けたからといっておこるものではありません。ただレーシックによって各自の眼球の状態が治るというわけではないのです。
レーシック手術を受ける際には、自己責任の取れる範囲がどうかの判断が必要となってくるので、ご注意ください。失敗やリスクなどの危険はあるのもですから。


レーシックの手術の失敗 談とリスクとは?


レーシックの手術の失敗 談とリスクとはなにか?
レーシック手術を受ける時はクリニックの担当医から十分な説明をしてもらう。、そして、レーシックを受けることによって、視力の回復という利点の反面、負うリスクがあるとしっかりと理解した上で、手術を承諾すること。それが手術の失敗リスクを回避することになり、ひいては、自分の身体を守ることにも繋がるのではないだろうか。

近頃は、レーシックの技術も大きく発展し、患者に対する術前説明、つまり“インフォームドコンセント”を徹底することが義務付けられている。手術を受ける患者自身に失敗リスクも含めて十分に説明を行って、理解と納得をしてもらうのだ。
もちろん、レーシックのみに限らず、全ての医療に共通していえる。

レーシック手術に関して、患者が負う失敗リスクとはどのようなものがあるのだろうか。
一番の失敗リスクは〔リグレッション〕と呼ばれているものだろう。
この〔リグレッション〕とはレーシック手術の後、時間が経つに連れ、再び視力が落ちて、また近視の状態に戻ることである。
術後に目を酷使したり、目に負担をかけるようなことを続けたことが原因で起こる場合もあるのだが、他の場合でも起こり得るという報告もあり、現在ではリグレッションの原因はまだはっきりとはわかっていない。

あるクリニックでは、レーシック手術後、クリニックが定めた一定期間内にリグレッションが起こった場合に、無料で再手術を行うシステムを行っているところもある。しかし、最初の手術で角膜が削られているので、削ることができない厚さになっている場合には再手術を受けることはできない。

視力が回復することは嬉しいことだが、こういった失敗リスクを十分理解をし、安易に受けるのではなく、しっかりと熟考することが大切である。

失敗とリスクはどんなことにもあるのもなのですね。

カテゴリー