スポンサードリンク

プラチナ カード取得について

プラチナ カード取得方法の専門サイト。審査、基準、条件を紹介。特典や年会費情報も。 visa、アメックス(アメリカン エキスプレス)、シティ、三井 住友、セゾンのグレードアップした生活を送るため知恵。

プラチナ カード取得カテゴリー項目一覧

▼ 取得方法審査基準

● プラチナカード取得の方法なら


プラチナカード取得の方法なら

プラチナカード取得の方法ならば。
ゴールドやプラチナカードを持つメリットは、利用限度額だけではありません。空港での有料ラウンジを無料で利用できたり、ホテルなどの予約をカード会社が代行してくれたり、どことなくセレブな感じのサービスが受けられる。盗難時の保障などもしてくれるよう。

プラチナカードはこちらから申し込める物ではありませんが、「興味がある」という旨をカード会社に伝えておくことは意味のないことではありません。人によっては、それだけでインビテーションカードが届く。
カード会社としては形式上だけでも、利用者からの申し込み、という状態を避けたいよう。
カードを3枚4枚と持っていると、カード会社からあやしまれ使うだけ使って踏み倒す気では…?と。
そうなってしまっては、プラチナカードは夢のまた夢。当然、現在使っているカードの支払いが滞るなんてあってはなりません。あらゆる場面でカードを使い、全て迅速に支払うのがプラチナカードへの近道。

サービスの幅が広く、年会費分くらいはすぐに元が取れると評判の三井住友VISAプラチナカード。付帯サービスを好みで選べるメンバーズ・セレクションは誰にでも嬉しいシステム。
また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでVIP待遇を受けられるのもポイント。USJファンなら垂涎。
ゴールドを事あるごとに使い、会社に上得意だと認められればプラチナカードのインビテーションが。
会社により基準が違うようで、使った金額だとも、場所だとも言われて。また、会社の役員などある程度のバックボーンがある人の方が早くインビテーションが届くよう。

ゴールドやプラチナは、いわばお得意様の証。会社にしてみれば優遇する価値があるというわけ。
ただし、ゴールドやプラチナドは年会費も高額。5万円〜と考えておけば間違いはありません。果たして元が取れるのか?それはあなた次第。
正攻法でプラチナを手にするのなら、まず手前のゴールドカードを手にする。そしてそれをガンガン使う。自分はプラチナを持つ権利がある、とカード会社に示すためには、年齢や収入ももちろんですが、カードの利用実績が物を言う。
ゴールドをあらゆる場面で使っていれば、早い人なら3ヶ月、そうでなくても2年もすればプラチナのインビテーションが届くはず。カードを使うのが不安だ、という人はそもそもプラチナを持つ意味はないでしょうし、ゴールドカードだって年会費を考えたら使わないでおくのは損。
日本発のプラチナド、JCBの「ザ・クラス」。JCBは欧米ではまだVISAやMasterに及びませんが、アジア各国で加盟店を伸ばしていまる。香港やシンガポールに出張の多いビジネスマンなら選択肢として十分アリ。また、東京ディズニーリゾートでの優待もあるので、家族や恋人に喜ばれるかも?

年収500万円程度でもプラチナカードのインビテーションが届いたという話も聞きますし、利用実績0円でも来たという話も。カード会社が明確にしていないため様々な憶測が飛び交って、確かなことは、ゴールドカードを持っていなければだめだということだけのよう。

クラシック、ゴールド、プラチナ、ブラック。クレジットカードのグレードはこの4つに分けられることが多いが、これはアメリカン・エキスプレスが行っている分類に準じている。一般人のアコガレはゴールドカードですが、さらに上にはプラチナ、ブラックが存在しているのです。
利用限度額500万円。空港のラウンジ無料、ポーターサービス、座席のアップグレードに、有名テーマパークの優待サービス…。ああ、憧れのプラチナ!プラチナはどうすれば手にできるのでしょうか?プラチナカードを手に入れるには、カード会社にのこのこ出かけて行ってもダメ。
クレジットも今のご時世、ゴールドカードはさほど珍しい物ではなくなりました。バブル期にはステイタスの象徴であったゴールドカードも、今は普通に生活していれば誰でも持てる物と。今の時代、ステイタスを誇示するには、プラチナカード以上を持っていなければダメ。
ゴールドカードのステイタスが失墜してしまった今、狙いはプラチナ。こちらもブラックの登場で以前ほどのステイタスではなくなりましたが、逆を言えばそれは持ちやすくなった。しかもゴールドカードほど巷にあふれ返ってはいないため、ねらい目。
脂でテカった中年のオヤジが得意気にゴールドカードを見せびらかしていたバブル時代。彼らは今どうしているのでしょうか…。それはさておき、今時ゴールドカードは珍しくもなんともありません。申し込みをして審査に通れば誰でも持てる。今の時代、ステイタスになるのは最低でもプラチナ。

クラシックしか持たない庶民には、ゴールドやプラチナで何ができるのか?という疑問がありますよね。これはまず、単純に利用限度額が大幅に引き上げられる。カード会社によってばらつきはありますが、おおむね100万円〜500万円ほど。
プラチナカードに申し込みをしようとカード会社に足を運ぶと、人によっては赤っ恥をかくことに。
「プラチナカードはこちらからお誘いするものでございます」と、一刀両断される場合がある。プラチナカードを手にするには、インビテーションカードを待つのが基本。
プラチナを手にするためには、欲しいプラチナを発行している会社のゴールドカードを作る。そしてそれを使いまくる。カード会社に「上得意様」と思わせることが大切。そのためにも、作るカードは絞った方がいいでしょう。せいぜい2枚までがベスト。

やはりカードといえばアメックス。アメックスのプラチナは空港でのポーターサービスやシートのアップグレード、ホテルの部屋のアップグレードなど、国内外を飛び回る人に最適。ただ持っているだけで満足、自慢用に欲しい、という人では年会費が辛くなるかもしれません。
どんなにお金持ちのIT社長でも、財閥の御曹司でも、いきなりプラチナカードのインビテーションが届くことはありません(有名人ならあるかも?正確にはわかりません)。申し込みでプラチナカードを作ることもできません。ゴールドカードの利用実績がなければプラチナカードを作ることはできない。