レーシック 失敗Top >  レーシック 失敗と後遺症 >  レーシックの失敗と裁判

スポンサードリンク

レーシックの失敗と裁判

レーシックの失敗と裁判に関してこんな話がある。

2000年、日本でエキシマレーザーを使用した角膜の屈折異常を矯正するレーシックがようやく認められ、近視矯正に関してそれまではRK等が主流だったのだが、専門医の間でも色々問題視する声も。更に、レーシックに関して医師の技量と知識の欠如から、手術の失敗による問題が発生。それが裁判にまで発展した例もあったらしい。
それでは、過去のレーシック手術の失敗で生じた裁判の事例とは一体どんなものなのだろう。

ここに、日本でレーシック手術がスタートした2000年に、大阪地裁でのレーシック手術に関する裁判事例が2件あるので、紹介してみよう。
果たして何が失敗原因での裁判に発展したのだろうか。

まず初めの1件。レーシック手術を希望してあるクリニックを訪れた患者、つまり原告に対してインフォームドコンセントを十分に行わない。手術を受ける前に、予測可能な術後の合併症や副作用の失敗リスクを説明せず、レーシックの利点、メリットのみを説明して承諾させ、失敗の危険を言わないまま執刀。その後、レーシック手術を受けた原告は術後に合併症を発症し、術前よりも視力が下がってしまい失敗、クリニックに対して賠償を求める請求を。

結果、医師の説明義務違反、失敗が認められた判決となったのは至極当然であろう。
このような失敗にたいしての判例が過去にあるからこそ、今ではレーシック手術を行っているクリニックでは、必ず術前に、手術を受けることによって起こり得る後遺症などの失敗リスクがあることを説明の上で、患者からの承諾を得ることを徹底しているようである。

もうひとつの件は、1件目と同様に術前に十分な失敗のインフォームドコンセントを行わなかった事に加えて、執刀した医師の技量不足によりフラップを作る時の失敗により、取り返しのつかない事態というかなり悪質な件である。
さらにこの事例は、術中に必ず行うべき目の消毒や洗浄も行わなかったことにより、患者の角膜に異物が混入して角膜が濁ってしまい、フラップの失敗によって不正乱視も起こった最悪な結果。失敗以前の問題。

昨今のレーシック手術の技術レベルは格段に進化しているので、このような失敗事例が起こることは有り得ないが、レーシックが導入され始めた頃は表沙汰にはならなくてもさまざまな失敗問題があったようだ。

レーシック手術・裁判となった失敗体験談で学ぶこと

レーシック手術・裁判となった失敗体験談で学ぶことにはどんなものがあるだろう。
ここ最近、かなり需要が多くなってきたレーシック。しかし、ここまで幅広く知られる前には失敗問題もいろいろあり、その為、失敗の裁判もあるようだ。以下にレーシックの失敗体験での裁判を紹介。

専門知識が豊富な眼科医の間でも、こと近視治療にかけてはレーシックも含めて賛否両論があり、問題を定義する医師も少なくはなかったらしい。
レーシック手術が行われる以前の近視矯正の手術として多く活用されていたRK手術の場合、患者が手術後の失敗で後遺症のために担当医師及びクリニックを訴えて裁判になった事例がいくらかあるようだ。

被害に遭った乙氏の場合はこんな事例である。1991年、極度の近視の為仕事時のメガネ装着に不便を感じていた乙氏は、近視矯正術に興味を持ち、被告である担当医師の勤務するクリニックに連絡を入れる。
そこで近視の度合いをはかる為の検査を受け、検査後にカウンセリングを受けた乙氏は、その担当医からRK手術がを薦められたのである。担当医は、RK手術は近視矯正において有効な手術であり、危険性は全くないなどとメリットを強調。さらに、人気のある手術なので、予約が数ヶ月先まで詰まっているがたまたま当日キャンセルが発生し、今日であれば手術も可能などと乙氏に決断を迫る。それを聞いた乙氏も、近視が治るなら良しと思い、担当医の言われるまま承諾し当日手術を受けるのである。

しかしその手術後、治るどころか、乱視がひどくなった乙氏は、2度再手術を受けるも改善されず、さらに後遺症が悪化。このため、乙氏はクリニックや担当医師を相手に、1千万円の損害賠償を請求する裁判を起こすのである。

裁判の判決は1998年に下され、もちろん、乙氏は勝訴し、担当医師に対して損害賠償の請求が認められる。つまり失敗が認められる。
理由は、医師が乙氏に、近視矯正手術の内容やそれに伴う術後の失敗の後遺症に対する説明などをしないまま手術を勧めたこと。つまり患者に対しての失敗の説明義務違反が認められたのである。

レーシックに関しては今のところ、大きな問題となるような裁判の事例は聞かないが、受ける時はクリニック選びからよく吟味・熟考すること。やはり、利点ばかりを挙げ連ね、術後の後遺症などの失敗リスクについての説明をしない医師やクリニックは信頼しない方がいいのではないだろうか。


 レーシック施術後にもし白内障になったとしたら(失敗ではないケース)


レーシック施術後にもし白内障になったとしたら?
「白内障」…これは眼の老化現象疾患のひとつですよね。ですから失敗と因果関係は微妙。
今回はレーシックの後に白内障になったとしたらどうなるんだろうって話です。

白内障という名前はよく耳にしますよね。でも、一体どんな病気なのか知ってますか?
人間の目の中には水晶体というものがあって、それはカメラでいうところのレンズの役割をしているのね。
目から入った光がこの水晶体を通過して網膜というところでピントが合って、物体が見えるという仕組み。
通常、この水晶体は透明なんだけどいろんな事が原因で濁ってしまうことがあるの。そうすると光がこの水晶体をうまく通過しなくなって、光をまぶしく感じたり、物がかすんで見えたり、二重に見えたり…。そんな状態のことを白内障というんだって。

白内障を発症する原因にはいろいろあるんだけど、大体は以下の理由から。
加齢とともに水晶体が黄色くなって濁ってきたり、アトピーや糖尿病、それに緑内障といった他の病気が原因だとか、服用した薬の副作用の場合とか。
他にも遺伝によるものもあるので、どんな場合も他人事ではないよね。

また、白内障になると、薬で水晶体の濁りを取り除くことは出来ないんだって。だから、日常生活に支障が出るほどに視力が落ちた時は、水晶体を眼内レンズと取替える手術をして、視力の回復させるわけなの。

それからこの白内障は、レーシックの手術を受けたからといってならないわけじゃない。将来発症する可能性は誰にでもあるんだって。
じゃあ、レーシックの施術後に、白内障になった場合、同じ目のことだからひょっとして手術は受けられないの???
ご安心ください!レーシック術後でも白内障の手術はできますよ。

このケースのレーシック手術も知識が事前にあると安心ですね。

関連エントリー

レーシック 失敗Top >  レーシック 失敗と後遺症 >  レーシックの失敗と裁判

更新履歴


Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo