スポンサードリンク

過払い 請求について

過払い請求をわかりやすく解説。 過払い 請求の返還金の計算、消費者金融への訴訟、 利息計算ソフト、時効などの現状が3分でわかる。

過払い 請求カテゴリー項目一覧

▼ 過払い金返還 請求

● 過払い請求 消費者金融から返還


過払い請求 消費者金融から返還

過払い請求 消費者金融から返還について。

過払い請求は、自分自身でお金を借りた金融業者に請求するもの。
司法書士に依頼することも可。
ちなみに司法書士に過払い請求の依頼をすると、すべてを代行してもらうことが出来る。
自分は金融業者に出向くことも話をすることなく請求できるメリットがある。

だから過払い請求を司法書士に依頼することによって、本人ではなかなか金融業者が開示してくれない取引の履歴も、開示してもらえ、また、金融業者による取立てがなくなる。
金融業者に借金した人は、親族に内緒で借りる場合が多いため、
取立てがなくなるだけで精神的にかなりらくになれる。

金融業者の法外な利率は、多重債務を引き起こす原因。
多重債務とは、最初に借りた金融業者に返済できなくなり、
返済のためにまたちがう金融業者に借金すること。
この流れでおおくの債務を引き起こすので、早いうちに司法書士に過払い請求を依頼するべき。

金融業者に返済することができない時、債務者が裁判所に依頼し、
借金を整理する特定調停の手段がある。
しかし特定調停をするより司法書士に過払い請求をお願いしたほうが、金額的には安い。
また、サラ金の訴訟にも対応してくれ安心。

司法書士に過払い請求を依頼し、任意整理業務を行ってもらるのですよ。
自分でやるには限界があることを知ってください。
任意整理業務は、借り入れが140万円未満なら、
司法書士が簡易裁判所の代理で出来る業務のこと。
任意整理業務によって、過払い請求ができたり残りの額を減らす請求も可能になる。

もう一度、確認させてください。

過払い請求とは、お金を借りた金融業者に過払い返還請求訴訟をすることであり、
金融業者やサラ金などから借金し、過払いが判明した場合には、過払い請求をする。
過払いの部分は金融業者が受け取る理由のないお金で話し合いに応じてくれないケースは、
訴訟に持ち込む必要がでてくる。

銀行やファイナンスなどから借金する場合には、利息制限法が守られているのが普通。
だが審査は厳しくなっている。
過払いをした人の中に審査の甘い金融業者、サラ金などから安易に借りた人が多い。
過払い請求をしても応じてくれないことが発生する。
この場合、訴状を裁判所に提出しなければなりません。
訴状には必要事項を細かに記入するところがあるのですべてを記入してから、
被告か債権者の住所を管轄している裁判所に提訴。

過払い請求の返還を求める訴状を裁判所に提出。
次は裁判所から被告に訴状が送られます。
そこには、口頭弁論の日にちや場所が記されていて、被告は呼び出される。
そして口頭弁論の準備が行われ被告は答弁書を作成して提出。
そして、原告は口頭弁論に必要な書類を揃える。

過払い請求の訴訟は、裁判所が指定した日時に、原告被告と一緒に裁判所に出頭。
そして訴訟がはじまる。最初は、原告側の訴状陳述と被告の答弁から始まり、
訴訟は、一日で終わらないものもあり、何度も証人などを立てて話し合われる。
訴訟の最後は判決。

過払い請求の訴訟で、勝訴したら被告から過払いにあたる金額が返還される。
しかし訴訟にも費用はかかり、訴訟の前に収入印紙で支払われる。
気になる訴訟の額は、争われる金額に応じて決めらる。

司法書士に依頼した場合、返還金額の何%かを報酬として払う。
過払い請求や過払い請求の返還訴訟を司法書士に依頼する場合、当たり前ですが、
司法書士の報酬が必要となります。
報酬といってもは司法書士事務所によって変わる。

ですが、金融業者との訴訟は、司法書士を仲介したほうが精神的にもらく。
なのでスムーズに訴訟が進むはず。

過払い請求や過払い請求返還訴訟に関する相談窓口は、司法書士事務所や法律事務所など。
無料であるケースがほとんど。相談にも報酬が必要な事務所もあり。
事前に無料相談が受けられるところを調べてみてください。
無料相談をうまく活用してみてください。

金融業者にお金を借りることは、最近ではテレビコマーシャルなどであおられている。
そのため借金が普通に見えますが違う。
たしかに審査が甘く簡単に借りられ利息などにおいて過払いなどの落とし穴がある。
返済における過払い請求についての知識は、もっておくべく。
金融業者やサラ金にお金を借りる場合には、誰にも知られず一人で行動を起こす人がほとんど。
そのため閉じられた環境が、多重債務を負うこ原因となってきた。
万が一、借金の返済に困った時には、過払い請求が可能か、
または利息率を減らしてもらう方法がないかを探してみて。

なぜなら過払いとは、金融会社から返済利率が違法な高い場合だから。
最初の元本以上に返済を払いすぎているケースを過払いと定義。
払いすぎた過払い分を金融業者に請求して、返還してもらう。その請求が、過払い請求。

金融機関からお金を借りると違うのは
銀行などは利息制限法や出資法があり、
借金をする人のための法律がある。
そのため法律に準じた利息を定めている金融会社からお金を借りれば、
過払い請求をしないで済む。法律の知識は大切。

利息制限法では、10万円未満の元本なら利息は20%。
そして10万円から100万円未満の元本なら、利息は年率18%。
では元本が100万円を超えると、15%。

返済期間についても、法律で基準を定めてある。
しかし返済額が正しい利息と元本に満たなければ過払い請求はできない。
過払い請求をするには、金融機関の定めている利率で返済した額を、利息制限法で定めている利率で計算しなおすことが必要。
このことを引き直し計算と呼ぶ。
引き直し計算をした場合、過払いになっていれば請求できまる。
しかしまだ返済額が残っていれば、過払い請求はできない。

引き直し計算をしても過払い請求が出来ないケース。
この場合は、計算された残りの額まで返済。
その時点で支払いが不可能になったケースには、特定調停を申し出ることが可能。
そのほかお金を借りた業者に利息制限法に違反しているので、
利息を下げて欲しいと直接交渉も可能となる。