スポンサードリンク

TOP >  三井 住友 カードローン  >  カードローンの銀行系カードローン

カードローンの銀行系カードローン

カードローンは、銀行系、信販会社系、消費者金融系など。
カードローンは、具体的には銀行口座を開設すると、キャッシュカードとは別に、
すすめられたりするし付帯したキャッシュカードを作成したり。よくあること。

取り扱っているのは民間の金融機関。
銀行系、信販会社(クレジットカード会社)系、消費者金融(サラ金)系などがあ、
信販会社では、クレジットカードのキャッシングとはまたべつに、
融資額が大きく金利も比較的低い取扱。

だからカードローン申込はは銀行、信販会社、消費者金融などの民間の金融機関で申込可能。」
住宅、教育、自動車などの用途限定ローンよりも高い金利のため、
契約に力を入れている銀行や信販会社がおおい。
リボルビングとか計算してみるとひどい。1,5倍以上の利息らしい。
ある銀行では頼みもしないのに執拗に作成をすすめられたり、、、。

用途が自由なカードローン。
公的金融機関では取り扱っていない。
だからカードローンを利用する際には銀行、信販会社、消費者金融(サラ金)となるのだ。
民間金融機関に申込するしかない。
カードローンの金利は
信販会社、銀行、消費者金融(サラ金)の順に高くなる。
利用方法は銀行、信販会社、消費者金融などと契約しカードを作ってもらう必要があり。
信販会社では、ショッピングに利用するクレジットカードにもキャッシング機能あるが、
より低金利で融資限度額の大きなローン用カードも発行。

カードローンやキャッシングは上手に利用するととても便利。
平日の夜間や週末に急にお金が必要になったとき銀行の貯金を下ろすと
105円の手数料を取られる。
だから一定期間無利息のサービスを利用したほうが得。
このように上手に利用すれば怖いものではない。

さて、カードローンは手軽で便利、おまけに使い道が自由。
ルールを定めて節度を持って上手に利用しなければなりません。
破産には陥らないように、利用は一時的なお金の不足分だけに。
計画的に返済してね。
最初の何日間かは無利息になるサービスも。
急な出費の際にはそういったサービスも上手に活用したいもの。
ただ、気軽に自由に利用できるだけにお金にルーズな人が
利用し始めるとついつい利用しすぎてしまうのも事実。

給料日前に生活費が足りなくなった
予想外の冠婚葬祭の急な出費

このような場面では何かと便利。
が、やはり金利は高いので利用は最小限に留めておきたいもの。
まだ限度額があるから・・・は危険。
貯金代わりにお金を引き出しているとどんどんローンが膨らみカード破産にも。
最近ではテレビコマーシャルの影響などもありイメージもずいぶん良くなってきた。
問題であったグレーゾーン金利もなくなり金利も着実に下がってきた。
を利用しやすい環境になりつつあり金利面以外でも
いろいろな付加サービスや限定カード・キャラクターカードなども充実。
上手に利用したいもの。

カードローンとはクレジット銀行のキャッシュカードを使用。
一定の限度額内であれば自由に借り入れや返済が出来る小口。
利用者にカードが発行されることからカードローンと呼ばれる。
返済方法は毎月一定額を返済するリボルビング払いが主流。
申し込み時に利用限度額が決められますが、数十万円から数百万円と比較的小口。

カードローンには、クレジットカードやキャッシュカードを利用してお金を借りるローンと、消費者金融のカードを作ってお金を借りるローンなど。これらのカードを利用してお金を借りるのが名前の由来で金を引き出せるATMやCD(キャッシュディスペンサー)は至る所にありますからとても便利です。
利用するとCDやATMなどで気軽にお金を借りることがOK。

申し込みの時点で一定限度の利用枠がある。
限度額の範囲内であればいつでもお金の借入や返済がOK。
カード発行時に予め利用限度額が定められ、
範囲内であればATMやCD(キャッシュディスペンサー)などに
カードを差し込むだけで簡単にお金を借りることができ、
カードローンの返済は毎月一定額を支払うリボ払いが一般的。

ところで、ローンといえばカードローン以外にも住宅、自動車、教育などがあり、
これらは借りた資金の使い道が限定されている。
がカードローンでは借りた資金の使い道は限定されず自由。
さらに他と違って担保も要求されません。
ただし、使い道が自由で担保も要求されない代わりに金利は高めに設定。
ただし、カードローンは自由度が高い反面、貸出金利は他のローンより高めです。
資金の使い道は基本的には自由ですが、事業資金、投資・投機性資金、他社借り入れの返済などには利用できないルールに。
それでも住宅ローンや自動車ローンなどと比べると使い道はかなり自由。
気軽に利用できる反面、金利も高め。

魅力は何といっても手続きが簡単。
用途に制限がなく担保も取られないこと。
例えば住宅ローンなら、借りた資金の用途は住宅購入に限定され家も担保に取られ、
手続きの煩雑さに、、、、

関連エントリー

TOP >  三井 住友 カードローン  >  カードローンの銀行系カードローン

リンク

おすすめ

フリースペース4