MR 転職Top >  ブログサイト未経験 >  MR転職の未経験の採用は

スポンサードリンク

MR転職の未経験の採用は

MR転職ですが近年MRに関する求人が増加、そのため転職を考えている、
または転職活動中も増加している。
MRとはMedical Representativeの頭文字であり、医薬品メーカーの医薬情報担当者。
大手はファイザーなど。
メインは医師に対して自社薬品の安全性、有効性、副作用などの情報提供。
また実際に現場で使用した臨床情報をフィードバックするなどの仕事である。
MRの転職の支援サイト、ブログが増加しているが、日本に進出した外資系製薬企業が
かなり積極的に中途採用をはじめてあおり、日本の製薬会社もMRの採用をはじめたため。

MRは、業務の性質上、医薬品の情報提供、収集、など間接的ですが、人命に関わる重要なワーク。
厳しい倫理観を要求され、自社薬品に対する知識、豊富な情報が必要。
医師に対して納得させることプレゼンテーションも能力として必要となる。
またMRが行う説明は、医師が患者に投与する薬の決定に影響を与えることもある。
いい加減な気持ちで取り組むことができず、厳格な倫理観さえ要求さるのだ。
医薬品と医師をつなぐパイプラインといえる。

このような背景が転職もふえたが、MR認定試験も始まった。
97年12月に第1回目がスタートし、過去13回の試験がおこなわれている。
合格率は80%を超えるらしい。
実は有資格者が有利になる傾向があり、転職を考えている方は有利になるのでおすすめ。
997年に(財)医薬情報担当者教育センターが発足したことも理由のひとつ。
採用する企業は、希望者がMRとしての最低限知識を客観的に判断する基準となる。

給与水準は高く、求人も好条件のところが多い。
求人に対しては、現役者だけではなく、未経験応募も増加。
薬品企業の中には未経験者であっても、採用後に充実した研修を用意するところもある。
即戦力を求めているところが多いが、MR現役の転職と比較して、未経験者には壁が高いのも事実。
転職希望者からみると地位も高く評価されるようになり、魅力的な転職職種。
今は外資系の製薬会社だけでなく、国内の製薬会社も積極的に転職者の採用活動しているので、
今がチャンスといえる。

関連エントリー

MR 転職Top >  ブログサイト未経験 >  MR転職の未経験の採用は

カテゴリー

更新履歴